TOP

A-CORN

うおのめ・たこ

たこ(胼胝)とは足の裏などの皮膚が、物理的な圧迫や、摩擦によって角質が固くなってしまった状態です。さらに角質が皮膚に深く入り込んでしまった状態をうおのめ(鶏眼)と呼びます。

FEATURE

特徴

通常大人の足にできる直径5mm程の硬い皮膚病変です。一定の部位に繰り返し刺激が加わることにより、角質が厚く芯となります。そして芯が神経を圧迫し、痛みを生じます。
ウオノメは歩行時に激しい痛みを伴うのが特徴で、中心に芯が見えます。タコは刺激を受けた部位全体の皮膚が少し黄色味を帯びて盛り上がり、痛みの無いことが多いです。
足に合わない靴や、生活習慣などが原因になります。このような原因を特定し、可能な限り取り除くことがとても重要です。

METHOD OF TREATMENT

治療方法

ニキビ治療薬剤

ウオノメは中心部の芯の部分をメスやニッパー、ハサミなどで切除します。場合によってはウオノメの大きさに合わせて切ったスピール膏を貼り、角質を軟らかくした後に処置を行います。
タコは硬くなった角質を軟膏などで軟らかくしたり、スピール膏やハサミやメスなどを用いて適宜除去します。

QUESTIONS AND ANSWERS

Q&A

Q

削るのは痛そうで怖いですが…

A

角質を削る場合は、とくに痛みはありませんので安心してください。

院長

院長よりコメント

繰り返し削っても角質がすぐに硬くなる場合は、ウィルス性疣贅の可能性があります。とくに足では見のがされていることがあります。

OTHER

他の皮膚疾患

皮膚のお悩み一覧へ戻る