TOP

ATOPIC

アトピー

アトピー性皮膚炎とは、強いかゆみをともなう湿疹が再発を繰り返す、一般的に良く知られているアレルギー性皮膚疾患です。

FEATURE

特徴

アトピー性皮膚炎の患者様の多くは「アトピー素因」を持っています。アトピー素因とは、本人や家族にアレルギー性鼻炎や結膜炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー疾患があるか、あるいはIgE抗体をつくりやすい素因をもっていることを指します。
慢性的な疾患ではありますが、適切な治療を続けていれば、症状がコントロールされた状態を維持できますので、痒みや湿疹が気にならない状態になることが可能です。

METHOD OF TREATMENT

治療方法

ニキビ治療薬剤

アトピー性皮膚炎は、発症の原因が特定しづらい疾患ですので、考えられる原因を患者様の体質や環境から詳しく確認して治療を行います。
乾燥肌が原因の場合は保湿をきちんと行い、スキンケアが必要ですが、皮膚炎をコントロールするためには内服と外用療法が治療の中心となります。
一般的にアトピー性皮膚炎はすぐには治りませんが、軽症であれば適切な治療を続ければいずれ完治すると考えます。中等度以上の場合、皮膚炎のコントロールのみでは改善せず、積極的な体質を変える取り組みが必要になるため、当院では体質改善のアプローチを行っています。特殊な検査(遅延型食物アレルギーなど)を行うことにより未知のアレルギーを発見したり食事の改善を提案いたします。

MACHINE

使用機器

  • 受付
    Thera Beam UV308
    エキシマ光線療法とは、往来の紫外線療法(UVB療法やPUVA療法)より更に効果が高いと言われている短い波長の紫外線を患部に照射して処置する最新の光線療法です。往来の紫外線療法よりも治療時間が短く済み、効果があらわれるのが比較的早いと言われています。また、今までの紫外線療法では改善しにくかった皮膚病にも効果があると学会で発表されています。
  • 受付
    308エキシマーシステム
    エキシマ光線療法とは、往来の紫外線療法(UVB療法やPUVA療法)より更に効果が高いと言われている短い波長の紫外線を患部に照射して処置する最新の光線療法です。往来の紫外線療法よりも治療時間が短く済み、効果があらわれるのが比較的早いと言われています。また、今までの紫外線療法では改善しにくかった皮膚病にも効果があると学会で発表されています。
  • 受付
    エキシマライト VTRAC
    エキシマ光線療法とは、往来の紫外線療法(UVB療法やPUVA療法)より更に効果が高いと言われている短い波長の紫外線を患部に照射して処置する最新の光線療法です。往来の紫外線療法よりも治療時間が短く済み、効果があらわれるのが比較的早いと言われています。また、今までの紫外線療法では改善しにくかった皮膚病にも効果があると学会で発表されています。
  • 受付
    ナローバンドUVB
    ナローバンドUVB療法は、UVB(中波長紫外線)の中でも治療効果の高い特定の狭い波長(311〜313nm)を利用した紫外線療法になります。 治療に必要な波長だけ使用しているので、短時間の照射で済み、副作用も少なくて済みます。 薬の必要がなく、効果はPUVAとほぼ同じと考えられて注目が高まっています。 全身照射を行える機器のほか、部分的に治療する機器もあります。

QUESTIONS AND ANSWERS

Q&A

Q

治療はステロイド外用剤が中心ですか?

A

ステロイド外用剤が治療において主要な薬剤であることは今でも変わりません。しかし、治療薬も新薬が開発され、ステロイド剤ではない外用剤の使用や、重症例では生物学的製剤の注射もあります。内服・外用しても痒みが取れない場合には、全身型ナローバンドUVB療法もかなり有効です。

院長

院長よりコメント

アトピー性皮膚炎の病態は①バイリア機能異常、②アレルギー炎症(ケモカインの産生と免疫反応)、③痒みの3つが重要です。この点を踏まえ治療法を組み立てていきます。

OTHER

他の皮膚疾患

皮膚のお悩み一覧へ戻る