TOP

WATER-WARTS

水いぼ

水いぼは正式には伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)ウイルスの感染症です。主に学童期以前の小児に見られます。

FEATURE

特徴

やや光沢のある常色(肌色)~白みがかったの円形の丘疹で通常2-5mm程度です。治療しない場合でも半年から2年で自然に治ることもあり場合によっては経過観察します。
ただ小児の場合は大抵いじって範囲を拡大させてしまうため、数が少ない場合は摘出するのが基本です。摘出する場合は痛みを伴うため、痛み止めのテープや痛み止めのクリームを塗ってから行います。
皮膚の接触による感染で、主にプールで感染が広がりやすいです。皮膚の接触に限らず、ビート板を介してうつることもあります。接触感染ですから、水着で覆われている部位の水いぼではうつることがまれであり、プールを休む必要はありません。
大人では性行為感染症としてうつることもあります。また大人はHIV患者では悪化しやすいです。

METHOD OF TREATMENT

治療方法

ニキビ治療薬剤

ピンセット(トラコーマ攝子)による水いぼ除去が基本治療です。
取り方にはコツがあります。水いぼをひっぱり、皮膚がテントを作ると強い痛みがでるため、水いぼのみを潰すように皮膚にテンションをはりつつとります。もともと小児の場合はアトピー性皮膚炎、湿疹体質がベースにあることが多く、そちらの治療もしっかり行うと肌のバリア機能が改善し、治りが早いです。
また自然消退時にモルスカム反応といい、かゆみを伴うことも多く、多くの場合その時点でかきむしり悪化してしまうこともあり、摘除以外でもスキンケア等の治療もしっかりと行うべきです。ただしモルスカム反応を起こして、消退が予想される水いぼは、スキンケアやかかないように生活指導するのみで摘出しないこともあります。

QUESTIONS AND ANSWERS

Q&A

Q

水いぼ除去は痛がりそうですが…

A

あらかじめ麻酔テープを貼付しておくとあまり痛がらずに取れるのでお勧めです。

院長

院長よりコメント

いずれ治るから放置するように言われることがありますが、治る場合でも半年から2年間ほどかかると言われています。当面その間に増加することも考えられます。少ない時に早めに除去することをお勧めします。また感染症なので他人に感染させるリスクがあります。

OTHER

他の皮膚疾患

皮膚のお悩み一覧へ戻る