TOP

HERPES

ヘルペス

口唇ヘルペスは、「単純ヘルペスウイルス」というウイルスが原因となって起こる、くちびるやその周辺に小さな水ぶくれができる感染性の疾患です。

FEATURE

特徴

水ぶくれができる前に、くちびるやその周囲に軽いかゆみや違和感を感じる場合があります。赤く腫れ、その部位に小さな水ぶくれが集まります。
よく起こる部位はくちびるですが、鼻の周りや頬、眼の周りにできることもあります。通常はかさぶたになり、1~2週間で治ります。「単純ヘルペスウイルス1型」(HSV-1)と呼ばれるウイルスの感染が原因になります。 HSV-1には多くの場合、子どもの頃に初めて感染し、一度感染するとずっと体内(神経節)に潜伏、風邪などで抵抗力が落ちた時に再び活性化し、症状をみせるという特徴があります。

METHOD OF TREATMENT

治療方法

ニキビ治療薬剤

治療には、抗ウイルス薬の外用薬(塗り薬)または内服薬などが用いられます。初めての発症の際は、症状が重症になる場合があるため、早めの受診をおすすめします。水ぶくれの中にはウイルスがいるため、患部を触ったり破ったりすることのないよう気をつけます。患部に触れた場合は手を洗いましょう。また、ストレスや過労などで体力や抵抗力が下がったときに再発することが多いため、日頃から適切な休養をとり、規則正しくバランスのよい食生活を心がけることが予防につながります。

QUESTIONS AND ANSWERS

Q&A

Q

ひと月に2回発症することがありますか?

A

免疫低下があると繰り返し発症しやすいです。免疫を高めるアプローチがあります。

院長

院長よりコメント

単純ヘルペスは接触によって感染しやすいので、症状があるうちは手でこすらないように注意しましょう。触れた場合はすみやかに手を洗いましょう。

OTHER

他の皮膚疾患

皮膚のお悩み一覧へ戻る