TOP

LEUCODERMA

白斑

白斑病とは、皮膚の色素の一部が脱色し白い斑点ができる慢性的な皮膚疾患(別名:シロナマズ)です。 後天的な疾患ですが、子供から大人まで幅広い年齢層に発症する病気です。

FEATURE

特徴

身体の一部に白斑があらわれる限局型、身体のあらゆる部位に白斑があらわれる汎発型、皮膚の神経に沿って白斑が発症する神経分節型の3種類があると言われています。

METHOD OF TREATMENT

治療方法

ニキビ治療薬剤

主な治療法は、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬と同じくステロイドや紫外線治療を行います。症状の状態によっては表皮移植の施術を行うことが可能です。

MACHINE

使用機器

  • 受付
    Thera Beam UV308
    エキシマ光線療法とは、往来の紫外線療法(UVB療法やPUVA療法)より更に効果が高いと言われている短い波長の紫外線を患部に照射して処置する最新の光線療法です。往来の紫外線療法よりも治療時間が短く済み、効果があらわれるのが比較的早いと言われています。また、今までの紫外線療法では改善しにくかった皮膚病にも効果があると学会で発表されています。
  • 受付
    308エキシマーシステム
    エキシマ光線療法とは、往来の紫外線療法(UVB療法やPUVA療法)より更に効果が高いと言われている短い波長の紫外線を患部に照射して処置する最新の光線療法です。往来の紫外線療法よりも治療時間が短く済み、効果があらわれるのが比較的早いと言われています。また、今までの紫外線療法では改善しにくかった皮膚病にも効果があると学会で発表されています。
  • 受付
    エキシマライト VTRAC
    エキシマ光線療法とは、往来の紫外線療法(UVB療法やPUVA療法)より更に効果が高いと言われている短い波長の紫外線を患部に照射して処置する最新の光線療法です。往来の紫外線療法よりも治療時間が短く済み、効果があらわれるのが比較的早いと言われています。また、今までの紫外線療法では改善しにくかった皮膚病にも効果があると学会で発表されています。
  • 受付
    ナローバンドUVB
    ナローバンドUVB療法は、UVB(中波長紫外線)の中でも治療効果の高い特定の狭い波長(311〜313nm)を利用した紫外線療法になります。 治療に必要な波長だけ使用しているので、短時間の照射で済み、副作用も少なくて済みます。 薬の必要がなく、効果はPUVAとほぼ同じと考えられて注目が高まっています。 全身照射を行える機器のほか、部分的に治療する機器もあります。

QUESTIONS AND ANSWERS

Q&A

Q

簡単には治らないのですか?

A

白斑は治療に抵抗性のことが多く、すぐには治りません。

院長

院長よりコメント

当院では全身型ナローバンドUVB療法のほかに局所に対してはエキシマ療法(紫外線療法)を行うことができます。

OTHER

他の皮膚疾患

皮膚のお悩み一覧へ戻る