HOME > グルタチオン点滴療法

グルタチオン点滴療法

グルタチオン点滴療法について

日本では40年以上前から、自家中毒、つわり、妊娠中毒、薬物中毒、慢性肝炎の治療に、グルタチオンを使用していました。アメリカでは、パーキンソン病の機能改善と病状進行の遅延を目的として、多くの施設でグルタチオン点滴療法が行われています。
また、抗がん剤(シスプラチン薬)による末梢神経障害にも有効性が認められており、研究が進められています。
グルタチオンは、アミノ酸を原料として、体内に生合成されるトリペプチドと言われる物質で、肝臓や肺、心臓、血液、脳などあらゆる臓器に存在しています。
また、健康を維持していく上での必須栄養素で、細胞内の毒物排泄、活性酸素の消去により、細胞を活性化させる働きがあり、体内に一定レベルの量が存在している必要があります。もし、グルタチオンの量が低下すると、なんらかの健康障害が出る可能性があるのです。

1回 15,000円

こんな方にオススメです。

  • パーキンソン病
    近年パーキンソン病に対するグルタチオン点滴療法に加えてフェルガード内服を行うFG療法が効果的で注目されています。
  • 抗がん剤(シスプラチン薬)による末梢神経障害
  • 化学物質過敏症
  • 多発性硬化症などの神経難病
  • 原因不明の全身倦怠感
  • 風邪の初期症状
  • 急性および慢性湿疹
  • 慢性肝疾患における肝機能の改善
ページの先頭へ